就職や転職の自己PRは順風満帆ではいけない?

就職や転職をする際に考える自己PRというのはあるポイントがあります。

それは内容面において順風満帆すぎるものはあまり望ましくないということです。聞いている方としても自己PRのすごさがあまり伝わらない可能性がありますから、そこは知っておいてほしいのです。

自己PRというのは自分の優れた経験や能力を伝えて、自分がその会社で働くことに関して戦力になれるということをアピールするものです。

したがって、自分の優れた経験や能力を伝えることができれば内容は何でも良いと思っているかもしれませんが、そうではないのです。

これはフィクションのドラマや漫画の世界でもそうですが、最初から最後までストーリーがずっと順調に進んで最終回を迎える作品を読んでいてあまり面白いとは思えないと思うのです。

最初は順風満帆でいながらも、途中でいろいろなトラブルなどが起きて、それを克服して最終回を迎えてハッピーエンドみたいなものの方が面白いと感じられるのではないでしょうか?

ストーリーがある話というのは、山あり谷ありみたいな内容の方が聞いている方としても、印象に残りやすかったり、すごいと共感できたりすると思うのです。

したがって、自己PRの内容を考えるときには最終的には自分の優れた能力や経験をアピールすることにつなげることになりますけど、そこに至るまでのエピソードは必ず途中を問題を挟んで、それを克服したうえでの話にしてほしいと思うのです。

つまり、問題が発生して、その問題を乗り越えたからこそ自分には特定の能力があるとか、そういう展開にしていってもらいたいと思います。

結局、自己PRに関しても山と谷を意識してストーリーを作っていってほしいのです。最終的な結論自体は一緒でも、その結論に至るまでのプロセスがどうなっているのか?

次第で面接官の感じ方が変わり、それによって自己PRのすごさの捉え方も変わるでしょう。そうなると、その面接を通過する可能性にも影響があると思うので、そういったところは重要と言えます。

自己PRのストーリーというのはそんなに長い話ではないですけど、小説でも書くときのような気分で読む人のことを想像して書かないといけないのです。

自分がどう感じるか?ではなくて、読んだ人、話を聞いた人がどう感じるか?という点を意識して考えていきましょう。

順風満帆な話ほど、実は面接官からしてみれば聞いていてつまらない可能性があるということで、気を付けてほしいポイントになると言えます。

転職自己pr例文.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です