面接に行く前に志望動機の確認を

就職、転職を希望する方は、必ず履歴書を記入し、応募する会社に持参郵送します。

記入の欄に必ずあるのが志望動機です。

また、面接の時に必ず質問されるのも志望動機でしょう。

せっかく自分がやってみたいと思えた会社に応募しても会社側が志望動機等で印象を悪く思ったり、雇えないと思われたら意味が無いと思います。

それでは、就職、転職をする上でどのような志望動機を記入、発言すれば良いのか書いていきます。

まず、就職希望の方ですが、初めての勤め先に面接しに行く方がほとんどだと思います。

そこで、志望動機を考える上で大事なのが、何故他の会社ではなくその会社なのかという様な魅力に思った事、働きたいと思った理由を記入すれば良いと思います。

例えば、どの会社よりも個人を大切にしているや、皆で協力してより良いものを作っていけそうだ等のホームページ等をよく読み返した上で文章を考えて行くことが大切です。

履歴書に記入する欄は限られていますので、足りない部分は面接の際に自分の言葉で相手に伝えることが大切です。

ですので、履歴書には分かりやすく簡潔に、履歴書に足りない部分は面接時に付け足して発言していきます。

次に転職の方についてですが、転職の方は、少なくとも一つは違う職種であったり会社で勤めていた方だと思います。

なので、これは就職の方と同じようになりますが、履歴書には、前の会社を通じて相手の会社で活かせること、プラスに働くことを簡潔に記入できれば好印象を持たれます。

また面接の時には、相手の会社の方は前の会社の勤めていた期間も審査の対象になります。5年以上勤めている方にはそこまで悪い印象は持たれにくいものですが、5年以内に辞めようとしている方は持続力が無いのではと思われがちです。

どうしても、短い期間で辞めるのではとマイナスな印象を持たれがちです。

そこで大事なのが、短い期間で辞めるという事のフォローであったり、自分の長所等の質問に繋げるような履歴書への記入、質問の返し方に持っていける様に自分の文章、言葉を考える事が大事です。

そして、前の会社を辞めて相手の会社に入って将来的にどのような事をやっていきたいのか、ちゃんと将来のビジョンが持てているのかという事も考えていれば予想外の質問が来た時にも上手く対応できます。

なかなか就職、転職は難しいものですが、自分の今までの経験を会社に貢献できる様なプラス思考の言葉を考えて行けるかが大事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です