志望動機を訴えるポイント

志望動機は、就職や転職時の面接では必ず聞かれる質問です。

しかし、必ず聞かれる事が分かっていても、どの様に表現し、訴求すべきかまとめに困る事も多いものです。

この志望動機を考えまとめる際には、2段階で考えるのがお勧めです。

なぜその業界を希望するのか、なぜその業界の中で面接を受けている会社なのかと言う2段階で考えをまとめるのです。

自分の興味とスキルや特徴と、その業界を結び付けるのが、まず第1段階です。興味があり、それに適したスキルや性格がある事、すなわち適性があると思っている事をまず訴求するのです。

しかし、世の中にはその会社と競業する、同業他社が何社もあるはずです。そんな中で、なぜ面接を受けている会社を選んだのかを次にまとめ、訴求するのです。

その為には、同業のいくつかの会社のHPをチェックして、比較検討し、その会社を希望するポイントをまとめるのです。

こうした会社の特長は会社の概要で社是や社長の考え方も示されており、こうした会社の企業理念が自分に合う事を訴求するのも良いでしょう。

さらに、それに加えて会社の業績や売上高を投資家向けのIR情報で調べ、会社の業界におけるポジションと自分のやりがいを結び付けて訴求すると良いでしょう。

例えば、その会社が業界で最大手企業なら、最大手ゆえに、1人前になれば大きな仕事に取り組めるであろうポイントを訴求します。

またその会社が最大手を追いかける2番手グループなら、最大手企業を猛追するバイタリティーに惹かれた事等を訴求します。その会社が弱小企業なら、大きな夢を持って拡大指向されている会社の一員として頑張りたい事などを訴求すると良いでしょう。

こうした会社の考え方や業界におけるポジショニングは、単に面接時の志望動機をまとめる為だけでなく、志望する際には、知っておくべき事なのです。

こうした点を全く知らずにその会社に応募する事は、面接する側から見れば、準備不足であったり、どこでも受かれば良いと思っている様に映るものです。

面接で志望動機を聞く際には、面接する側は、当然聞かれるであろうことを想定して、考えをまとめていると思っており、そこで答えにもたついたり、詰まるような事があってはいけません。

上記の2段階で、前向きに自分の考えを訴えるチャンスと考え、十分に考えをまとめて面接に臨むべきです。

ただし、考えをまとめる際には、ネガティブでなく、過大や過剰でなく、嫌味のないポジティブさを旨にまとめる事も重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です